女性二人の白黒写真

立川の風俗の求人に応募するときにはしっかりとしたリサーチが必要なので時間をかけておこう

いよいよ風俗の求人に応募しようと意気込んでも、本当に応募できますか?まだまだ分からないことは多いのではないでしょうか。

小さな疑問を残したままだと、なかなかうまく働き始めることができませんので、しっかりと解決してから応募するようにしましょう。

■申し込むときの注意
求人に応募するときは履歴書などが必要になります。それは風俗店でも一緒ですが、一般企業に送るような経歴をしっかり書いて送るものを使うところはあまりありません。

大抵の場合はお店側から渡される紙に記入するのが多いのです。これまで風俗店で働いた経験はあるか、どんなプレイならできるか、どんなプレイは出来ないか、風俗店ならではの履歴書ですね。

もちろん、応募の時には本名と連絡先を記入します。どんな事情であっても、のちのちのトラブルを避けるために、偽名を使うことはやめておきましょう。

実際にキャストとして働き始める時には、お店側が名前を用意してくれます。相談すれば、名前を自分で付けることも可能ですが、最初の内はお店の意向に沿っておきましょう。

同じ名前が二人いても紛らわしいだけですからね。

■働き始めてからの注意
実際にお客さんを相手にし始めると色々なところでボロが出てしまいます。本名を思わず言ってしまったり、お店が用意した設定プロフィールを覚えておらず、話に食い違いが出てしまったりと、初心者の内は慣れないことでしょう。

そう言ったことにならないように、しっかりと確認をして、ボロが出ないように努めましょう。あなたはお店の商品としてお客さんを相手にしている訳ですから、一人がボロを出せばお店にも迷惑が掛かってしまいます。

あまりにもひどいとそのままクビということも大いにあり得ますので、気を付けて慎重に接することにしておきましょう。